TOP

クレジットカードの現金化は、社会人なら知っておくべき常識です!

クレジットカードはどのように活用すべきか

世界中の硬貨
クレジットカードをどのように活用すべきなのかは各々の自由になりますので、人それぞれ自由に利用すれば良いのですが、「お得に」と考えるのであればやはり自分自身のライフスタイルに合わせたクレジットカードを利用した方が良いのは言うまでもありません。どのような意味なのかといえば、クレジットカードのポイントプログラムこそ、近年のクレジットカードの個性と言っても良い程に各々が異なるものです。また、どこでの買い物によってどれだけポイントが付与されるのか微妙に異なりますので、それらを踏まえた上で利用すべきクレジットカードを選ぶべきです。有料のクレジットカードだとお金がかかるのであまりお得感がないと思おう人もいるかもしれませんが、自分自身のライフスタイルを考えると、むしろ有料のクレジットカードの方がお得になるケースさえあるのです。クレジットカードをどのように活用すべきか、それだけお得になるかは、各々のライフスタイル次第なのです。


他人名義のクレジットカードで現金化は出来るのか? | 現金化コンシェルジュ

クレジットカード現金化の考え方

クレジットカード現金化をと考えている人にとって、本当に大丈夫なのかという危機感もあれば、自分にも出来るものなのかなど、いろいろな心配もあるのではないでしょうか。ですがクレジットカード現金化は決して難しいものではありません。むしろ意識せずにクレジットカード現金化を行った経験のある人もいるでしょう。というのも、クレジットカード現金化はショッピング枠で購入したものを売却するだけのものです。つまり、クレジットカードで購入した物の、使わなくなったので売る。これもいわばクレジットカード現金化です。このように考えると、クレジットカード現金化が特別なものではないのだなと気付かされるのではないでしょうか。「クレジットカード現金化」という言葉がどうしても特別感のようなものを演出してしまっているのですが、実際にはそこまで特別なものではなく、よくよく考えてみると案外我々の身近な所にもあるものですので、あまり深く考える必要はないのです。

クレジットカードを比較してみよう

クレジットカードを持ちたいと思ったら、現実的には審査が待っていますので審査に通過出来るクレジットカードでなければならないのですが、一方ではクレジットカードにも様々な種類がありますので、どのようなクレジットカードなのか比較してみると良いでしょう。クレジットカードの特徴の比較と共に、自分自身のライフスタイルに合致しているものなのかの比較もまた、とても大切です。どれだけ素晴らしい特徴を持っているクレジットカードであったとしても自分自身のライフスタイルに合致していないのであれば、魅力的とは言えません。逆に世間的にはあまり評判が高くはないクレジットカードであっても自分のライフスタイルに合致し、お得なものであれば持つべきです。そのためにもまずはクレジットカードの比較をすると良いでしょう。ライフスタイルに合致するクレジットカードが一枚だけとは限りません。自分の知らない所に、実は今以上にお得なクレジットカードがある可能性もあるのです。

クレジットカードを発行している会社

クレジットカードを発行しているのは信販会社ですが、近年は銀行のキャッシュカードにクレジットカードとしての機能を付帯させているものもあるなど、クレジットカードも多様化しています。この背景にあるのはクレジットカードの利用者のすそ野を広げたいという業界の思惑があります。特に我が国は先進国の中では圧倒的にクレジットカード利用者が少ないとも言われています。アメリカのようにクレジットカードがとても大切で、クレヒスがなければ利用出来ないようなサービスと比べると我が国はまだまだクレジットカードに関しては後進国と言っても良いのかもしれません。銀行にせよ信販会社にせよ、もっと多くの人にクレジットカードを利用してもらいたいとの思いから、クレジットカードを付随させているのでしょう。更にはアニメやキャラクターのクレジットカードを発行するなどして、より多くの人にクレジットカードの存在を知ってもらいたいとアピーるしているのです。

クレジットカードの方が良いサービス

クレジットカードと現金。どちらも会計という点では同じですので特に違いはないのですが、クレジットカードの方が良いサービスもあります。例えばホテルのチェックイン。現金の場合、一時預かり金が必要になるケースもあります。クレジットカードの場合はそのようなお金は必要ありません。なぜなら、クレジットカードそのものが身分証明の一種となっていますし、チェックイン時にクレジットカードを通しておけば、仮にチェックアウトせずに逃げだすようなお客がいても正体を突き止めるのが簡単なのです。一方、現金の場合、宿泊者名簿に記載されている名前や住所が本当か分かりませんので、ともするとお代を回収出来ないケースとて考えられるでしょう。ホテルはもちろんですが、レンタカーのようにクレジットカードのみという所もありますので、ホテルやレンタカーを仕事で使うような人は、クレジットカードは持っておいた方が良いアイテムなのは言うまでもありません。

クレジットカードで判断される部分もある

社会人ともなると身だしなみで判断されるケースも珍しくありません。時計、靴、鞄。何を使っているのかによってどのような人間性なのかやステータスまで破断されてしまうケースは珍しくありません。そのため、それらに関してはある程度良いものにしておいた方が良いとも言われているのですが、クレジットカードにも同じことが言えます。どのようなクレジットカードを持っているのかによってステータスを判断されるのです。例えば会計する際にどのようなクレジットカードを出すのかによって、やはりどのような人間なのかを判断されるケースは決して珍しくありません。ゴールドカード、あるいはそれ以上の素晴らしいクレジットカードを出すのと、無料のクレジットカードとではどうしても相手に与える印象は大きく異なってしまうのです。特に営業職やフリーランスのように仕事で外で打ち合わせするような場合、会計時にどのようなクレジットカードを見られている可能性が高いのです。